ED(勃起不全)の原因として精神的な要因も考えられます。

ストレスなどを感じやすい人は特にそうでしょう。ストレスを感じやすい人は、神経が性的興奮をうまくキャッチできずに勃起ができないのです。

昔に比べますと、現在は特にストレス社会であるといえます。

この不況ですから、経営者は人件費をできるだけ裂こうとしますし、給料はなかなかあがらないのにもかかわらず、できるだけ労働者の労働力に対する稼働率を上げようとしますから、収入は増えないのに残業ばかり増えて、ストレスはどんどんと溜まっていきます。

それだけでなく、家庭内でのいざこざが絶えないという方もいらっしゃるでしょう。夫婦喧嘩があったり、相手の親と折り合いがつかないなど、そういったことでストレスを感じる方も多いです。

新婚の場合は子作りに励みたいところですが、勃起障害のせいで夜の営みがだんだんプレッシャーに感じられてきて、そこでまたストレスを感じてしまうという悪循環です。

特定の医薬品を使用している場合も、ED(勃起不全)になる恐れがあります。

これは循環器系や中枢神経、消化管に作用する薬を使用している場合です。