ED(勃起不全)かな?と気になりだしたら、自分の症状をチェックしてしてみましょう。性行為の時に性欲が沸いてきても、それが持続できないという方はED(勃起不全)の可能性があります。

また「奥さんの出産などを境に性行為に間があいたため、うまく勃起しなくなった・・・。またしばらくすれば大丈夫。」、「パートナーに飽きがきている。だから相手が変われば問題ない。」などという方もいらっしゃいますが、果たして本当にそうでしょうか。こういった方達の場合、ED(勃起不全)の可能性があります。

疲れている時、性欲が沸いてこなくて勃起できない時がありますが、全然疲れていないのに今日はだめだったというようなこともあります。

ED(勃起不全)か気になったら迷わず診察を受けましょう。まず診察を受けて、勃起能力を確かめるために医師から質問を受けます。

診察を受けるなら最大手の山の手クリニックは一番安心できると思います。

処方もバイアグラを新宿院池袋院八重洲院の各々のED治療院で適切にしてくれます。

http://www.ycn-ed.jp/
参考:山の手クリニックホームページ

ED治療の場合は、飲み薬を処方するのが一般的ですので、現在使用しているお薬など、副作用の危険性がないか、安全に使用できるかということを確認して行きます。

その際は血液検査などのいくつかの検査があります。

検査をして問題なければお薬が処方されます。

ED治療の場合は、健康保険の適用外であるため、諸々の諸費用は患者負担になります。

健康保険が適用されませんので、保険証を持参する必要はありません。ED治療によってプレッシャーを感じる方がいます。

パートナーから求められる時に、それに応えることができないという罪悪感からかもしれませんし、既に結婚している方でしたら、奥さんから子供が欲しいといわれている場合は、特に重圧になりますでしょう。しかしあせりは禁物です。

あせってしまうと余計に精神的に追い込まれてしまうので、ストレスとなり、勃起不全の治療を妨げてしまうかもしれません。治療薬などを使う場合は、焦らずにじっくりと治療をしていきましょう。もしそれでも過剰にプレッシャーを感じてしまう場合は、別の治療方法があるかもしれません。そういった場合、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。ED(勃起不全)であるからといって、生命に危険はありませんし、痛みを感じたり、苦しんだりすることもありません。ですが勃起不全であることによって、男性自身の自信喪失にもつながりますし、様々な面で精神的に追いやられてしまいます。

最近専門家等の間では、年齢や動脈硬化などといった原因以外にも、生活の質そのものが原因となっていると考えられ、ED治療薬とその効果だけでなく、生活そのものを充実したものにしていると気持ちの面でポジティブになり、勃起不全が解消していくものだと考えられています。