EDとインポテンツの違い

当ブログへようこそ。恐らくこのブログをご覧の方は、ED(勃起不全)という病気に関心があるか、現在ED(勃起不全)にお悩みの方だと察します。

このブログではED(勃起不全)という病気がどういったものであり、どういった原因によってED(勃起不全)になってしまうのかといったところを今日から書いていきたいと思います。

ED(勃起不全)という病気は20年くらい前でしたら、日本でもあまり知られていませんでした。最近ではED(勃起不全)という病気をご存知の方は多いと思います。

ED(勃起不全)という病気がよく認知されるようになり、特にサッカーの神様とも呼ばれる、ブラジルのペレ選手が、ファイザー製薬のED(勃起不全)治療に関するCMに出ていたことが、印象に残っているという方もいらっしゃると思います。

ED(勃起不全)はErectileDysfunctionの略です。

おそらくインポテンツ(インポと略されることが多い)といった方が耳馴染みかも知れませんが、ED(勃起不全)とインポテンツどちらも勃起不全のことを指しますが、厳密にいうと少し違います。

インポテンツというと「完全に性的不能」ともとられますので、手の施しようがないといったようなニュアンスがあります。





EDってどんなもの?

ED(勃起不全)というのは勃起不全です。

全く勃起しないというだけでなく、硬くならない、状態を維持することができない・・・、ということも挙げられますが決して改善の余地がないといったようなものではありません。ED(勃起不全)というのは、すごく身近な病気です。

あたりまえですが、勃起不全になると女性と性行為をすることができなくなります。

これは既婚者やお付き合いしている女性がいる場合、特に深刻な問題ですが、ただこういった悩みというのは、誰か他人になかなか相談しづらく、ともすれば一人で悩むことも少なくないと思います。

そのせいなのか、ED(勃起不全)治療について誤った認識が広がっているようです。

例えば勃起不全というと、年をとったら誰でもそうなるものだとお考えになる方がいらっしゃるようですし、たまに勃起できないというのを、「たまのことだから・・・」といって、「病気ではない!」と考えようとする人がいます。

しかしこれも、十分ED(勃起不全)の範囲に入ります。

毎日の仕事や人間関係などに疲れている方でしたら、ストレスによって勃起しないという人は、ストレスが原因だから、それが解消されると治ると思われるようですが、自分ではそう思っていても、一度ストレスでED(勃起不全)になった場合、簡単には勃起不全が改善しない場合もあります。

ですので、最近勃起が十分でないと感じられた方は、一度病院で相談を受けたほうがいいかも知れません。



EDの原因って??

ED(勃起不全)の原因について考えてみると、色々と原因が考えられます。

今日はそういったED(勃起不全)の原因について考えてみたいと思うのですが、まずは勃起の仕組みをすごくシンプルに解説してみましょう。男性の場合は特に、視覚を通じて性的興奮を覚えるケースが多いですが、脳が性的な刺激を受けると、精器に対して血液の流入が起こることによって、性器が勃起をするのです。

ED(勃起不全)の原因には、いくつかのタイプがあるので、それをみていきましょう。年をとってくると、動脈硬化などから勃起障害になることがあります。

これは血液の循環が悪くなってしまうからですね。陰茎海綿体に対して血液が流れなくなると、こういった症状に悩まなければなりません。様々な病気、例えば高血圧であったりとか、糖尿病、高肪血症などは血管への負担が大きくなります。





ストレスがEDの原因にもなる

ED(勃起不全)の原因として精神的な要因も考えられます。

ストレスなどを感じやすい人は特にそうでしょう。ストレスを感じやすい人は、神経が性的興奮をうまくキャッチできずに勃起ができないのです。

昔に比べますと、現在は特にストレス社会であるといえます。

この不況ですから、経営者は人件費をできるだけ裂こうとしますし、給料はなかなかあがらないのにもかかわらず、できるだけ労働者の労働力に対する稼働率を上げようとしますから、収入は増えないのに残業ばかり増えて、ストレスはどんどんと溜まっていきます。

それだけでなく、家庭内でのいざこざが絶えないという方もいらっしゃるでしょう。夫婦喧嘩があったり、相手の親と折り合いがつかないなど、そういったことでストレスを感じる方も多いです。

新婚の場合は子作りに励みたいところですが、勃起障害のせいで夜の営みがだんだんプレッシャーに感じられてきて、そこでまたストレスを感じてしまうという悪循環です。

特定の医薬品を使用している場合も、ED(勃起不全)になる恐れがあります。

これは循環器系や中枢神経、消化管に作用する薬を使用している場合です。





EDかな?と思ったら・・・。

ED(勃起不全)かな?と気になりだしたら、自分の症状をチェックしてしてみましょう。性行為の時に性欲が沸いてきても、それが持続できないという方はED(勃起不全)の可能性があります。

また「奥さんの出産などを境に性行為に間があいたため、うまく勃起しなくなった・・・。またしばらくすれば大丈夫。」、「パートナーに飽きがきている。だから相手が変われば問題ない。」などという方もいらっしゃいますが、果たして本当にそうでしょうか。こういった方達の場合、ED(勃起不全)の可能性があります。

疲れている時、性欲が沸いてこなくて勃起できない時がありますが、全然疲れていないのに今日はだめだったというようなこともあります。

ED(勃起不全)か気になったら迷わず診察を受けましょう。まず診察を受けて、勃起能力を確かめるために医師から質問を受けます。

診察を受けるなら最大手の山の手クリニックは一番安心できると思います。

処方もバイアグラを新宿院池袋院八重洲院の各々のED治療院で適切にしてくれます。

http://www.ycn-ed.jp/
参考:山の手クリニックホームページ

ED治療の場合は、飲み薬を処方するのが一般的ですので、現在使用しているお薬など、副作用の危険性がないか、安全に使用できるかということを確認して行きます。

その際は血液検査などのいくつかの検査があります。

検査をして問題なければお薬が処方されます。

ED治療の場合は、健康保険の適用外であるため、諸々の諸費用は患者負担になります。

健康保険が適用されませんので、保険証を持参する必要はありません。ED治療によってプレッシャーを感じる方がいます。

パートナーから求められる時に、それに応えることができないという罪悪感からかもしれませんし、既に結婚している方でしたら、奥さんから子供が欲しいといわれている場合は、特に重圧になりますでしょう。しかしあせりは禁物です。

あせってしまうと余計に精神的に追い込まれてしまうので、ストレスとなり、勃起不全の治療を妨げてしまうかもしれません。治療薬などを使う場合は、焦らずにじっくりと治療をしていきましょう。もしそれでも過剰にプレッシャーを感じてしまう場合は、別の治療方法があるかもしれません。そういった場合、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。ED(勃起不全)であるからといって、生命に危険はありませんし、痛みを感じたり、苦しんだりすることもありません。ですが勃起不全であることによって、男性自身の自信喪失にもつながりますし、様々な面で精神的に追いやられてしまいます。

最近専門家等の間では、年齢や動脈硬化などといった原因以外にも、生活の質そのものが原因となっていると考えられ、ED治療薬とその効果だけでなく、生活そのものを充実したものにしていると気持ちの面でポジティブになり、勃起不全が解消していくものだと考えられています。





Back to top